戦国時代が大好きなんです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
奥州筆頭ツアー・2日目
 二日目の続きです。

 【伊達カフェ】
天下分け目のパフェ合戦を挑みに、みちのく伊達政宗歴史館の向かいにある伊達カフェへ。
ここは説明しなくとも有名な場所ですが(笑)
4人で2つの戦国パフェを注文。

出てきたのは、高さ3、40センチはあろうかというパフェ(!)
秀吉様、完食する許可を私にッ!!

塁ちゃんが「東西対決だ!」と言い出し
東軍:塁&カハル
西軍:BOSS&Mumm
なわけで
※BOSS「俺、武田軍贔屓なんだけど・・・」←嫁のせい
「絆の力で完食だ!」だの「れっつぱーりぃ!」とキャッキャ☆話してたら、店にいた同胞と思われるお嬢さん二人が噴出してた。
BSRネタは推してまいる!

さんざめく降り注いだ生クリームはBOSSに全て任せて←Mummは生クリームが嫌い
がつがつ無言でパフェを食べる4人組。
そして、絆の力で、見事完食。
「まだ余裕あるけど1人では無理(飽きる)」とBOSS。
やはり、絆の力が必要です。

その後外にあるガチャガチャで、BSRのシールを見つける。
初めて見たからやってみたんだけど、1回目に武田軍の組が出て
2回目に三成と刑部の組が出て「キャー!!!」と興奮気味でカプセルを開けようとしたら
ベキッ!
・・・と。
(゜д゜)←皆リアルにこんな顔

「握り潰したし・・・!!」
「マムさん落ち着いて!」

【みちのく伊達政宗歴史館】
ここは、リアルな蝋人形で、政宗の生涯を再現してるところ。
蝋人形が、ほんとリアルで若干怖いくらい。

再現されている場面の説明が書いてあるんですけど、所々ロウ人形を「ロ−人形」と書いていたみたいで訂正されていた。

まぁそれは全く許される範囲だけど
政宗を”正宗”と書いて訂正するのは
「・・・ないわぁ〜」by四人

【まつしま魚市場】
買い物をしに、隣のまつしま魚市場へ移動。
そこで色々食べ(試食含む)て・・・お土産買って
以前松島の某海鮮丼の店で食べた事があるんだけど、表に出してあるメニューの写真と「これ、詐欺ですよね?」と言いたくなるような海鮮丼を出され「もうここでは絶対食わん!」と憤慨した事があるんですけど(海鮮の量が写真の半分の量だった)
松島に来て食事をするならこの魚市場がオススメです。
安いし美味しいしボリュームあるし、ハズレはないと思う。
ふかひれラーメンや寿司(職人がその場で握っているみたい)なんかもあって選べるし。
私はこの牡蠣バーガーが絶品でした♪

【遊覧船】
切符を買う際、予めネットから印刷していた割引券を出したらBOSSが係のオジサンに「お父さんナイス!」と言われていた(笑)
「お父さんって、そこまで周りと年齢は離れてませんが・・・(BOSS談)」

「浮いた100円でえびせん買えるね!」と係のオジサンが笑顔で話しかけてきたんだけど
前日にスーパーで40円で購入してた私達は苦笑・・・
オジサン、ごめん。財布の紐はしっかり結んであるんだ。

そんなこんなで船に乗り、早速昨日買っておいたかっぱえびせんで景色そっちのけでカモメと戯れる。
そのうち慣れてくるとカモメも直接手からかっぱえびせんを食べるようになり結構楽しい♪
程よくかっぱえびせんが無くなった所で、ようやく景色の写真を撮り始める。

そんな感じで遊覧船を堪能し、降りてから手焼きで笹かまを食べれるところに行く。
ここは、串に刺さった焼いてない笹かまを炭火にあてて焼きたてを食べられるところ。
何故か焼き加減が絶妙なマムさん。

こんな時だけ変な才能を発揮する(いらねぇ!)
そんな笹かまに舌鼓を打ち、次に天麟院へ移動。

【天麟院】
天麟院は、政宗公の娘の五郎八姫(いろはひめ)の菩提寺。

なぜ五郎八でいろはか。
それは政宗公が、男が生まれてくる事と思い込んでいた為、姫の名前を考えていなかった為に五郎八になったとの悲しいエピソードが・・・

そんな五郎八姫の霊廟に行ったら、形こそ今までのものと同じだけど色が塗られていない為、とても質素な落ち着いた感じだった。
まぁ、これはこれで趣があっていいと思う。

そして天麟院の本堂へ行ったら猫が沢山!
毎回塁ちゃんはお寺でこういう場面に遭遇すると「ゆっきー」や「こじゅー」など、猫を呼んでいるんだけど
今回はその中で目つきの鋭い白猫がいて、これが三成にそっくり。
勝手に皆で、名前をミッツーと決める。
※しかも呼んだら反応した!!

そんなこんなで、お時間となり、奥州筆頭ツアーもここで終了。
今回は下見も兼ねての旅行でしたが、本番の第2回修学旅行も楽しみです^^

旅行 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://82x87.jugem.jp/trackback/125
<< NEW | TOP | OLD>>