戦国時代が大好きなんです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
奥州筆頭ツアー・1日目

 9/23(金)と24(土)で仙台・松島に行ってきました。

メンバーは塁・カハル・BOSS・Mummの4人。
第二回大人の修学旅行の下見ということで、事前にBOSSがスケジュール組んでて(あ、いつも組んでるんですけど)
 
■1日目《仙台》
・仙台市博物館
・青葉城、仙台城見聞館、青葉城資料展示館
・瑞鳳殿、瑞鳳寺
・青葉神社
ホテルチェックイン
・仙台市内観光(夕飯)
 ■2日目《松島》
・五大堂
・瑞巌寺、瑞巌寺宝物殿
・陽徳院
・円通院
・みちのく伊達政宗歴史館
・まつしま魚市場
・遊覧船
・天麟院
と、いうスケジュールでした。


【仙台市博物館】
 3:30に自宅出発。
途中何度か休憩を入れつつも8:30に現地到着したので開館まで外で待つ。
まるで武将隊の入り待ち状態(笑)
 と、ここで塁ちゃんが携帯片手に「政宗様・・・今日八景島シーパラダイスに行ってるんだって」
なんという入れ違いッッ!!
 
9:00に開館。
スタンプラリー開始は9:30なので、博物館内で開催されていた歴史資料の展示会を見る。
今回の震災で古文書が津波で流されたり行方不明になったりニュースでも、古人の残した昔の津波の記録などの話が度々出ていますが、展示を見て真剣に考えなければいけないなと感じました。
今回の震災の記録も後世にどう残していくか議論になっていますよね・・・。ただニュースを見て受身になっているだけではいけないと思いました。
  9:30からスタンプラリー開始。
受付で問題用紙を挟んだファイルを受け取りスタート。
館内に答えが隠れていて穴埋めをし、武将が採点してくれます。
  伊達家やその家臣、仙台藩、そして政宗ゆかりの物が沢山展示されていて、それはもう大満足。
 ここの最大の目的の伊達政宗所用黒漆五枚胴具足(あの三日月兜の本物)の存在感に息を呑まれつつ、ラリーのクイズを消化しじっくり見て周る。
 一通り見て、出口あたりの体験ゾーンみたいなところで三日月兜のレプリカがあり、各々かぶって記念写真。
そして、展示ゾーンを出たところでまず漆黒の政宗様が最初の答え合わせ。
その時、答え合わせ待ちの行列が出来てチクチクと片倉小十郎に小言を言われてる政宗様が。
漆黒「小十郎!お前も少しは手伝わんか!」
片倉「私は政宗様をお守りすることが役目(キリッ☆)」
漆黒「せめて丸付けくらいお前が・・・(弱気)」
片倉「ほら!どんどん列ができておりますぞ!」
 
小十郎
スパルタすぎる (゚Д゚;)
 
次に、茂庭綱元、足軽と答え合わせをしてゴールにてポストカードを1枚プレゼント。
裏にしてあるので誰が出るか分からないんですが、4人中3人が伊達成実を引くという結果に爆笑w くじ引きも出きたんですが、結果は全員外れました・・・。
あたりの商品は何だったんだろう?
 
【青葉城、仙台城見聞館、青葉城資料展示館】
青葉城の駐車場へ車を停め、ずんだシェイクを飲みながら伊達政宗騎乗像のある本丸跡へ移動。
観光客よろしく、みんなで像の前に並んで記念写真。

その後、仙台城見聞館で塁ちゃんが100名城スタンプ押して青葉城資料展示館へ。
青葉城資料展示館では青葉城再現CGに出てくる枝豆の坊さんの声が若本ヴォイスで無駄に渋かった(笑) 牛タン串でも食べようかなぁーと思っていたら、先程の武将隊が今度は本丸跡でショーをするとの事で、それを見に行く。 殺陣の演舞のあと一通り自己紹介があり、漆黒の政宗様の無茶振りクイズコーナーとなかなか面白かった。
ちなみに漆黒の政宗様は、現代によみがえった政宗様の分身みたいな存在とのこと。
 
【瑞鳳殿、瑞鳳寺】
ここは政宗公の瑞鳳殿、2代藩主忠宗公の感仙殿、3代藩主綱宗公の善応殿と、仙台藩初代〜3代の藩主の霊廟があるところ。  政宗公は地下に眠っています。
 
霊廟自体は、戦後に建て直したものだけど、その下には実際にそれぞれの遺骨が眠っていて感慨もひとしお。
派手好きの政宗公らしくとても煌びやかで綺麗な霊廟でした。 
 瑞鳳殿(政宗公の霊屋)
この瑞鳳殿を前にこみ上げてくる物があったのでしょう。
塁ちゃんがほろりと涙を流したと同時に、今まで良い天気だったのに突然しとしと雨が振り出した。
でも、瑞鳳殿を後にする頃には、もう雨はやんでいた。
きっと、わざわざ遠くからお参りに来て涙まで流してくれた塁ちゃんの気持ちが伝わって、政宗公も嬉しかったんじゃないかと思う。

ただ、それを雨で表現してくれなくても・・・ 
感仙殿(二代藩主忠宗公の霊屋)
善応殿(三代藩主綱宗公の霊屋)

【青葉神社】
青葉神社は片倉家が代々神主を勤める神社で、ここも伊達家ゆかりの場所。
片倉家16代当主の宮司さんのいらっしゃる神社ですね。 (残念ながらお会いできませんでした・・・)

色々と事前に調べた感じでは今の歴史ブームでも紹介されており、それなりに賑わっているかと思っていたけど・・・いざ着いてみると、特に遅い時間でもないのに参拝客は私達だけ。
手を洗う水も止まっていて、灯篭は全て倒れたままと、なんだか地震の日から時が止まっているような感じでした。
 参拝して、みんなでおみくじを引く。
 結果はと言うと3人が小吉で1人が末吉と、これまた微妙な結果。
なんとなくいたたまれなくなり、おみくじを結び青葉神社はこれにて撤収。

そして帰りの車内に蚊が大量に入り込み「蚊を残滅する許可を!!」と皆でバシバシ戦ってました。
 

朝ごはんを食べたきり何も食べていなかった為、ここに来てお腹が急に空き始めホテルにチェックインをし、早めにご飯を食べに行くことに。
もちろん晩御飯は牛タン。
お店を探すにあたり考えた条件として、東京にお店が無い、チェーン展開していない、地元で評判が良いの3つ。 それでヒットしたお店が、一仙と言うお店。
時間が早かった為、お店は空いていたけどレジ周りに野球選手のサイン(フランチャイズの楽天だけでなくパリーグの他のチームも)があったので、ここは間違いないと確信。byBOSS談 牛タンパーリィ♪
案の定美味しかったです(●>ω<●)
生肉自粛の影響か、タン刺しやたたきがなかったのが悔やまれるけど、焼きもゆでも煮込みも全て美味しかった♪
 
食べ終わって店を出たけどまだ時間が7時前。 そこで、今度は塁ちゃんが聞いていた東北の地酒が飲める居酒屋へ。
ここも雰囲気も良く、お酒も美味しく、良いお店でした。 ここでも悔やまれるのが、前の店でお腹がいっぱいになっていた為に地産の美味しそうな料理が沢山あったけど、どれも食べれる状況でなかったこと。
 帰りにダイエーで明日の為のかっぱえびせん(40円)を買ってホテルへ戻り、1日目は終了。
 
2日目に続く。
旅行 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://82x87.jugem.jp/trackback/123
<< NEW | TOP | OLD>>